スローライフ ロックンロール 写真版

写真で見る “ノン・パリ症候群”的 心象風景。

2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウサギと格闘する。

IMG_5931.jpg

うさ子の毛皮...。




IMG_5932.jpg

散乱中。



鼻から入って、ハックション。


IMG_5940.jpg


秘密アイテム制作中♪


明日からいよいよ展示会です。
ドキがむねむね。

スポンサーサイト

バイタリティーとは。

IMG_0010.jpg

以前、手相を見てもらった時に言われた一言。


「あんた、苦労する人ね...。
でも、生まれつきそれを乗り越えられる
バイタリティーが備わってるわ」




...業務スーパーで買い込み。
(プラス、ぎっしりのリュック)


こういう事態を自分で起こしておきながら、
心のどこかで何とでもなるや、と思ってしまう私。



三十路半ば。
車の一台や二台、乗り回してても良いのにね。



デュラセルのある風景。

IMG_5853.jpg

このうさ子、デュラセルと言います。


デュラセルは、大人が幅を利かせているこの国フランスで、
唯一カワイイ部類にランクイン出来るキャラクターです。
(ミシュラン君は可愛いと言って良いんだろうか?)


電池メーカーのキャラクターで、デュラセル社の質の良い電池を入れると
百万馬力が出るそうです。



手前は歯の色見本。
ワインは飲まないのに私の歯は白くないです。
コーヒーと日本茶のステインにかなりやられてます。



そう言えば「芸能人は...歯が命!」って
笑えるCMがありましたね...。


ふたりとも大物役者に、ナイス・キャスティング!

思わず...。

IMG_5864.jpg

食べ物に対してあまり執着心がないせいか、
はたまた乙女心に欠けているせいか、

スーパーに言っても「キャー!」と飛びつきたくなるような
商品に巡り会わない私。
(明太子や秋刀魚は別として)



しかし、こいつ。



こいつ、こいつ、こいつ。



IMG_5868.jpg


丸裸にして喰らいついてみました。
(あ~れ~、ごむたいな~)


そう言えば、映画「シュレック」の中で
一番好きなキャラはジンジャーマンでしたっけ。


音入れ 2。

IMG_5859.jpg


よーーーく、見て下され。







「非常時の場合はカバーを割り中のボタンを押して下さい」



これが女子トイレ(のボタン)です。



毎回、非常事態。


余談:カバーを失敬してしまった磐●市の某商店の方、
すんません。

音入れ 1。

IMG_5856.jpg

我が家には男子トイレと女子トイレがありまして、
男子トイレはその所謂、スタンディングの方ですね。



スタンディングした目先に
音入れ番長が居ます。


ベルギー出身でボディが銀です。



スタチューらしく、大理石の上に
いらっしゃいます。






IMG_5863.jpg

...と、その向こうで攻撃態勢に入る
恐竜が一匹(匹、でいいの?)



また来て三角。

IMG_5851.jpg


また来て三角。





IMG_5852.jpg


さよなら四角。



ひとり工場。

IMG_5883.jpg

プレス用のプレゼント詰め作業です。



百個と言う数を完全になめてました。


2~3時間、工場のような状態に。



IMG_5884.jpg


出番を待つちびマドレーヌちゃん達。


IMG_5885.jpg


今後の生産ワークが心から心配になる私。

サイバー のびたくん。

IMG_5849.jpg


仕事はピークに。

ネタ切れ&籠りきり生活なので、
室内を撮影。



ラムネののびたくん。



バナナのある風景 2。

IMG_5871.jpg


食べ終わったバナナの皮は川へ。


皮は川へ。





我が家では生ゴミは窓からポーーン、です。
いつしか客人の間でも恒例行事に。

「えー、いいのぉ?本当にぃ?」と言いつつ、
皆、楽しげ。



IMG_5872.jpg

そーれ。


IMG_5875.jpg


さいなら~~~。

バナナのある風景 1。

IMG_5869.jpg

ポスター制作のレイアウト会議中(一名)



小腹の空いた夕暮れ時に
活力の欲しい午前中に


カリウムたっぷりのバナナは欠かせない存在です。



こちらでは、アフリカ系のお菓子として
干しばななスティックなんぞ、あるんですが、



日本で言う所の干し芋(好物)や
干し柿(苦手)と言った所でしょうか?


Lost and Found 3

IMG_5842.jpg


18区の裏道にて。



捨てられし巨大パンダ。




捨てられた物に何故かもの凄い執着心を憶えます。


IMG_5847.jpg


お腹が裂けても、どこか呑気。

蕎麦と ドレッドと 浴衣と。

IMG_5829.jpg

最近は、いつもカラフルなドレッド・ヘアと
そしてまた派手な浴衣姿の友人Kです。



アフリカ人経営の美容院に突撃して
お喋りで丸々太ったアフリカン・ママンに
4時間かけて髪を編み込んでもらうそう。


通っているうちに、彼らとも自然と打ち解けてしまう彼。
いまではお菓子の差し入れまで持って行くそう...。
ソウルフル!




浴衣はJUNKO SHIMADA
グルーヴィィです。




IMG_5831.jpg


そんな彼が作ってくれた
ザ・中華そば。



ラーメンではなく蕎麦な所が乙。

ごっつぁんです!





嫁入り道具。

IMG_5726.jpg

生涯、収集家の旦那の家系。


自宅を訪ねると、家の中からガレージや人のお宅のもの置き場まで
隅から隅まで蚤の市の戦利品で埋められています。


これは、グローブと言って
一昔前はお嫁さんが嫁ぐ時に嫁入り道具として
家族から送られたもの。

家族の写真や名前のプレートなどをあしらったものもあります。



しかし、収集家の両親。
「直せるかも」と半壊したものを買って来ては、
半端物ばかり溢れ返る始末。



このグローブもよ~く見ると本体とガラスケースは別物。




シェフのグラス。

IMG_5671.jpg


手乗りサイズのこのグラス、
お酒がほんのちょこっとしか注げません。


これは、シェフのグラス。


お客で賑わうテーブルを挨拶して回りながら、
あっちで一杯、こっちで一杯。

どんな酒豪でもまともに飲んでたら肝臓が幾つあっても足りない、
そんな訳でこんなグラスがあったんだとか。


しかし、フランス人のアルコール(主にワインとビール)の
消費量は半端じゃありません。
食事時もロゼワインを水で割って飲んだり、食前にアペリティブを飲んだり。

肝硬変疾患が世界一というのも頷けますな...。


新学期。

IMG_5733.jpg


フランスは9月が新年度&新学期。




蚤の市で見掛けた学机を「懐かしいねぇ~」なんて
遠い目になりながら写真を撮ったら、

仏頂面の店主に「肖像権、有料だよ!」と咎められ、
にっこり笑顔を崩さずその場を去りました。


私の笑顔は無料ですがね。

Lost and Found 2

IMG_5678.jpg


一戸建て。

Lost and Found 1

IMG_5676.jpg

ボジョレー地方のエマウス(チャリティー・ショップ)にて。




地方のエマウスはお宝ざくざく。

IMG_5677.jpg

VAPEURES

IMG_5664.jpg

たまには食の話でも書こうじゃないですか!


フランスの食事は、ワインに始まりワインに終わり、
肉汁滴るメインディッシュにこってりチーズ...


そんなスタイルに飽きたのか、
はたまた美食ブームなのか、
このお店は『蒸す料理』専門店。


店頭には木のトレーに生の食材が盛られ、
オーダーすると専用蒸し器で温めてくれます。


色も鮮やかなんですが、生魚の匂いがちょっと鼻を突く...。


IMG_5665.jpg

メロンの冷製スープと一緒に
ボナップ♪


マリーアントワネット

IMG_5645.jpg

かのマリー・アントワネットが嘗て
山羊の乳を飲む時の為だけに作らせたという
セーブルのボール....


...の、復刻版。



写真ではボールはひっくり返っておりますが、
乳を注いだボールを左手のスタンドに乗せて
使われていたそうな。


因にボールはマリー・アントワネット本人の乳を
象って作られたとか。


私、恐れ多くも同じ日の生まれ。
しかし、姿形は似ても似つかず...。

まぁ、バスチーユ広場でギロチンに処される最期ってのも
ご免なんですがね。


タトゥー。

IMG_5603.jpg

我が家にド・ハードなタトゥー集団が遊びに来ました。


ハードコアでロックンロールな彼らも
税金はきちんと納めているそうです。

ええ、そういった話題だったので(笑)



一時期、タトゥーを入れるとしたら?なんて
考えてはみたものの、真剣なものほどださく感じられ、

どうせなら笑いを誘うものが良いのでは?と、思い付いたのが
「地球」とか「巻き●そ」とか「バカ●ンのパパ」とかだったので、
却下になりました。



温泉に浸かる自由が奪われる方が、
私にとっては大問題です。


日本恋しき 腹空くし。

IMG_5595.jpg

夏に帰国する、そのまたかなり前から
モーレツにカツサンドが食べたかったのですが、


不思議なもので、いざ日本に着くと
まったく食べる段には至らなかった。


新幹線の駅のホームで売店のソースが
染みたカツサンドをガッツリ食べたろー、と
夢想して来たのに...。


そして、何故かこっちに戻ってから
またモーレツに食べたくなり、
結局自分で作ってみたり。


欲望はあまのじゃく。

IMG_5596.jpg


懐かしいでしょ?


IMG_5569.jpg

出掛けたいのに出掛けられない。

なんせ辺鄙で不便な場所に住まっておりますから。



...そんな時、ひとり勝手に外行きの服を着て、
音楽かけて盛り上がっていたりします(恥)


そして、どんな格好をしても
足元は必ずクロックス!!


船員の掟ですから...。



不揃いな...

IMG_5694.jpg

田舎にやって来ました。


農家の知り合いから頂いたと言う
洋梨とりんご達。



昔、洋梨とフランス人に言いたくて
でも何て言うのか解らずに
「la FRANCEさぁ」って言ったら、

「?フランスがどうしたって?」と、
なんのことだか解ってもらえませんでした。


女泣かせ。

IMG_5516.jpg

いつからかスニーカーやバッシュを
まったく履かなくなってしまった私。


ローからハイ、ピンから(キリまで?)
様々なヒールの革靴を愛用しています。


つま先にマメができたり、
石畳にヒールをとられたり、
女は男のしらない所で奮闘しているんだな。

川と空。

IMG_5551.jpg


パリに戻って来て、本当は暫く経っています。


川面に浮かぶチラシのゴミが
何故か飛行機雲を連想させます。


もう少しすると、この緑の葉も散ってしまうんだなぁ。


IMG_5493.jpg

おまけにプラハの空。

中央がプラハ城(の筈)

丸いもの

IMG_5506.jpg


女性は総じて丸いモノが
好きなんだそうです。



私も確実にそのひとり。


IMG_5538.jpg


りんご飴に似ているけれど、
これは私が休暇中に腐らせてしまった
真空パックのビーツ。


グロテスク?
美醜だな。


キュービズム美術館

IMG_5445.jpg


螺旋階段が美しかったけど、
作品の一部をよぉぉぉく眺めたら
カラーコピーだったことに、
失望!




IMG_5436.jpg


私のお気に入りはこれ。

Intercontinental

IMG_5503.jpg

インターコンチネンタル・ホテル、
最上階の照明。


今年亡くなったルイス・ブルジョアの作品にも似ているし、
見方を変えればハンス・ベルメールの作品ぽくもあり。


IMG_5482.jpg


物好きな日本人が写真を撮ってるなぁ...っていう目で
ボーイが通り過ぎていきました。



さぁ 行け。

IMG_5401.jpg

サイケ?



いい加減、ローな駄洒落は避けたいものです。



正反対の方向に流されるように歩き、
下手したら逆方面の市電に乗り込む所でした。


土地勘は悪くないのですが、
時にトンでもない間違いを...。



名古屋から浜松下車のところを
ノンストップで小田原まで行ってしまった
失態を思い出させます。

 | HOME |  »

FC2Ad

プロフィール

madame jacco

Author:madame jacco

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のコメント

コメントありがとうございます。

承認制&時差で返事が遅れることも あります、あしからず。

リンク

当ブログはリンクフリーです。

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

コメントはこちらからどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。